特別ナンバー2019年にラグビーワールドカップが日本で開催されることを記念して、特別仕様のナンバープレートの交付が今年4月から始まりました。

私も自動車の登録業務や出張封印※を取扱う行政書士として興味がありましたので、自身の車に取り付けてみました。

ナンバープレートには種類があり、上記のプレートは図柄(左側)とマーク(右上)が入ったものです。マークのみのプレートもあります。

図柄入りナンバーは手数料に加え、1000円以上の寄付金が必要となります。

手数料は7200円(静岡の場合)かかりますが、軽自動車の場合も上記のように「白ベース」のナンバープレートですから、通常の黄色いプレートを変更したい方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

今後は東京オリンピック仕様の特別ナンバーも導入されるようです。

※出張封印・・・他県ナンバーの中古車を購入したときなど、名義変更の手続きには旧ナンバープレートを自動車会議所(運輸支局)に持ち込み、新ナンバープレートを取り付けてもらう必要があります。つまり自動車を運輸支局まで運ばなければなりません。出張封印に対応した行政書士ならば、お客様のご自宅や駐車場に車両を置いたまま、ナンバープレートを取り付け、後ろのナンバーに封印(アルミ製のふた)をすることが可能です。クルマを運ばずに名義変更とナンバープレートの取付ができますので、お客様のご都合に合わせ、休日や夜間でも対応が可能です。

車庫証明・自動車登録・希望ナンバー・特別ナンバー・出張封印など、自動車手続きに関することはお気軽にご相談ください。

行政書士 平子幸成

投稿者プロフィール

平子幸成
1977年5月5日生(40才)
行政書士平子幸成事務所/代表
日本行政書士会連合会
静岡県行政書士会
行政書士会清水支部 副支部長